因果応報とはこういうこと

 私は基本的に自炊派です。
 仕事で遅かったり、疲れている時は別ですが、大体スーパーで安い食材を仕入れてテキトーに味付けして食べます。

 で、私がいつも愛用している駅前のスーパー。そこのレジ係にあまり好きじゃないヤツがいるんですよ。
 好きじゃない理由は至って単純。

 レジ打ちが早すぎるから、です。

 え? 早くていいじゃないかって?
 まぁ確かにね。やたら待たされるよりはいいかも知れませんが、致命的な欠点があります。

 それは接客態度が全くなっていない、ということ。

 まずスピード重視であるために客に顔を向けない
 ずーっと買い物かごの中ばかり見て、放り投げるが如く勢いでバーコードを読み取っていきます。

 次に言葉使いがおかしい。
 やはりスピード重視であるためにかなり端折る。
 例えば「いらっしゃいませ」「いらしゃせー」
 「ありがとうございました」「ありざしたー」




 無言の方がまだマシです。




 そしてこちらが「いる」と言わないとレシートを渡さない。
 またもスピード重視であるために、客が最初からレシートを要らないと決めつけて渡さない。

 さらにはビニール袋を渡し忘れる。
 スピードを重視しすぎるあまり、ビニール袋すら入れずに「ありざしたー」

 そして何と言ってもスピード重視であるために、小銭を出そうとしている客に多大なプレッシャーを掛けてくる。


 『とっととしろよ。後つかえてんだよ』


 みたいな。

 で、私は考えました。
 接客業の「ょ」の字も知らない、この失礼なレジ打ちに罰を与える方法を。

 簡単です。



 わざと小銭をチンタラ出せば良いんですよ(へへへのへ)。


 そうすればスピード重視の彼にとっては甚大なストレスになるに違いない!

 てな訳で今日、それをやって参りました(笑)。
 買い物内容は、お肉やら、野菜やら、調味料やら、お酒やらで約五千円。
 重くなったカゴを持って、彼のレジをピンポイント爆撃。

 私は財布を出すことすらせず、彼がバーコードを通し終わるのを待ちました。


「5263え、なぁっす」


 相変わらず客の顔を見ず、舐めきった喋りで値段を言ってくれます。
 そして私はココで初めて財布をとりだし、お金を出していきました。
 千円札を四枚ゆっくりと。
 置き終わったところで彼の顔をチラリと見ました。
 彼はすでに次の客のレジ打ちを始めておりました。












070128koitsu.jpg
こいつ……












 こうなったら根比べです。
 それから百円玉を十枚置いていき、十円玉六枚と一円玉を三枚並べました。
 この頃にはもう次の客のレジ打ちも終わっています。
 手の空いたのを狙って彼の顔をチラリ。
 目のあってしまった彼は、引きつった笑みを顔張り付かせて擬似笑顔を作り上げました。


 なかなかいい感じです(笑)。


 私は残り二百円を十円玉と五十円玉で出し、ようやく5263円を払い終えました。
 彼の顔からは苛立ちの色が非常に濃く窺えました。


 もぅね、私としては












070128niko.jpg
 大・満・足










「ありがっざしたー」


 変な言葉づかいも今日だけは心地よく聞こえました。

 しかし、家に帰ってきて私は何か物足りないものを感じたのです。
 いつもとは違う。何か大切なことを忘れている気が……。





 あ……








 ポ……










070128naniiii.jpg
ポイントカード、出し忘れたあぁぁぁぁぁ!








 五千円分んんんんんんんんん!



 ……いや、何て言うんですか? コレが因果応報ってヤツなんですか?

 悪いこと出来ませんよね。ホント、世の中上手くできてます。orz


ホームサイトへの案内状 

 ---------------------------------------
 『キミの口から腹話術、してくれますか?【前編】』を読んで下さった方! どうも有り難うございました。【後編】はようやく書き上がりのめどが付きました。来週の水曜日か、木曜日にはアップできると思いますので、もう少々お待ち下さい。

コメント


いや、リアルでやられるとかなりムカツキますよ?

店員かわいい(笑
 
明日から真似してみます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
https://hinokenya.blog.fc2.com/tb.php/145-ac4d469b









FC2Ad